BIG FISH 資産運用ブログ

資産運用ブログ

配当金の手取り85.5% 総合課税+住宅ローン減税のコンボ 

9月17日の自民党総裁選が近づき話題となっていますね。特に高市早苗氏や岸田文雄政調会長など候補者が金融所得課税の強化を図っている点が気になるところです。

高市氏は、具体案として金融所得50万円以上の税率を20%から30%に引き上げることを政策の一つとして掲げて話題となりました。

私としては、まだ配当金の受け取りは22万円ほどですが、配当金50万円と言えば比較的現実に手が届く範囲ですので、ショックは大きいです( ;∀;)

現状私は、米国株への投資を行っています。

今年の配当金の税金は米国連邦政府に対して3万円、国内で5万円となる見込みです。

先日、確定申告書をもとに税金を計算してみましたが、所得税+住民税よりも高くなっていますね....

bigfish-asset.hatenadiary.com

そのため今回は、配当金にかかる税金の見直しを図りました。

現在私は、6年前から特定口座で源泉徴収により税金を支払っています。

下の表はマネックス証券のサイトから取りましたが、確定申告により総合課税、申告分離課税が選べることが分かりました。

f:id:BIGFISHasset:20210911112049p:plain

 

そしてそれぞれの支払い方法による税率がこちらです。

どちらをとっても取り合えず米国での10%の税支払いはあります。

f:id:BIGFISHasset:20210911112448p:plain

私の場合、長期での保有を考えているため今回は配当課税のみ考えていきたいと思います。現状私は、源泉徴収により税金を支払っているため、米国で10%課税された後に国内で20.315%課税されています。手取りは71.7165%となり7割ほどです。

申告分離課税でも同様に20.315%の税率となります。所得税15%,住民税5.315%により構成されています。

そして三つ目の選択肢となる総合課税ですが、これは給与や不動産、山林などの所得を一つにまとめて課税される仕組みです。つまり個人の課税所得によって税率が異なるため、人によってケースが異なってきます。

下が国税庁のホームページから取ってきた所得税率表です。

額面収入から給与所得控除、基礎控除、扶養控除、社会保険料iDeCo掛け金、保険による控除など諸々差し引いたものが課税される所得金額となります。

皆さんも参考にしてみて下さい。

No.2260 所得税の税率|国税庁 (nta.go.jp)

f:id:BIGFISHasset:20210911114200p:plain

いかがでしたでしょうか?

私の場合は課税される所得がバイト代や配当金、給与を考慮しても170~200万です。

よって所得税率は高く見積もっても10%。

あとはこれに住民税がついてきます。

分かりやすい表が税理士、経営コンサルティング会社のアタックスさんのサイトで紹介されていましたので下に表を載せます。

所得税では確定申告をしていますが、住民税も総合課税と確定申告無しから選ぶことが出来ます。

税理士法人、経営コンサルティングのアタックスグループ (attax.co.jp)

f:id:BIGFISHasset:20210911125408p:plain

総合課税ですと10%,確定申告なしでは一律で5%ですので、申告しない方がお得ですね。

 

あと忘れてならないのは、私には住宅ローン控除があり所得税を減らすことが出来ます。控除枠として30万ありますので、所得税なんかオーバーキルです。

よってあと11年は所得税は0となります。

住民税は5%ですので、株の配当金の税率は米国での10&と住民税5%で手取りは85.5%となりました。

あと外国税額控除という、米国連邦政府に支払った10%の税金分を所得税での控除により還付してもらえる制度があります。

今回私は、所得税がゼロなのでこちらは考慮していません。11年後にまたシミュレーションしてみたいと思います。

 

まとめ

よって私の場合、配当金に課税される税率は

米国で10%、住民税で5%となりました。

90%×95%=85.5%が手取りとなります。

これまで源泉徴収により配当金の手取りが71%でしたので、総合課税により85.5%と大幅UPとなります。

来年は配当金30万円/年も夢では無さそうです。

 

 

将来支出の算出 月30万円確保せよ!

今回は、将来FIREをするにあたり結婚して家庭を持った場合の生活費を資産してみました。

まず、総務省統計局ホームページより二人以上世帯の内勤労者世帯の家計収入を調べました。最新の2017年のデータです。

https://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/nen/pdf/gy01.pdf

これが月53万3820円。自分の給料からしたらかなり高額ですが、二人での収入ということ、税込みであることを考えると妥当かもしれません。

税金などを差し引いた可処分所得は、43万4415円です。

そのうち12万1358円が家計の黒字つまり貯蓄となるようです。

つまり消費支出は31万3057円ということになります。

分かりやすいようにグラフにしてみました。

因みに非勤労所を含む二人以上世帯全体平均での消費支出は、28万3027円です。

これらを考慮して二人以上世帯では、だいたい月30万円ほどが生活するうえで必要になってくるということですね。

普通に私の今の給与収入より多いです、、、(4万円ほど足りない)

f:id:BIGFISHasset:20210919155710p:plain


因みに今後8年で、月々の住宅ローンが9万円ほどになります。こちらの資料より8万円

高いので考慮の必要がありそうです。みんな住居どう確保してんだよ、、、

30万円を生活費に充てるとしてそのうち9万円が、住宅費になります。

 

これを配当金で確保するとなると年間360万円必要として360万÷0.03=1億2000万円

現状配当金を年間28万円もらえそうなので、月30万円の内の2万3333円が今のところ確保できている状態です。

ある程度FIRE後にアルバイトをするのも手ですね。

今、時給1000円でアルバイトをしていますが、これをもとに週4で5時間勤務で月8万円、

週3なら5時間勤務で月6万円。

配当金で月22万円、年264万円ほどは最低でも確保しなければならないですね。

投資額は最低でも 264万÷0.03=8800万円 

1億までは要らないですが、なかなか難易度が高いですね。

とりあえず来年は配当金年30万、30歳で50万円の達成を目指します。

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村:

ウクライナ クラマトルスクについて

私の友人に、ウクライナクラマトルスク市在住のトーニャちゃんという友人がいます。

彼女は、アマチュアのモデルをしており時折写真を見せてくれます。

 

 

クラマトルスク市は、ドネツク州に属しています。このドネツク州ですがなかなか複雑な地域です。

クリミア同様元々ロシア系の住民が多く新ロシア派の住人が多い地域です。

現在ロシア連邦への編入を求める分離独立派が、2014年以降独立を宣言し占領を続けています。

 こちらが外務省のホームページより引用した安全情報です。黄色がレベル1十分注意

、若干オレンジ色がかったクリミアやドネツク州、ルハンスク州などはレベル3で渡航中止勧告が出ています。

外務省渡航情報

 

 

 

 

 

 

国内紛争の経緯 

1991年ソ連からの独立以降ウクライナは、脱露の方針を掲げながらも天然ガスをロシアに依存し、その中で並行して欧州との関係性を築き上げていきました。

加入こそしないものですが、EUROやNATOへの接近を深めるウクライナに対しロシアでは警戒感がこれまで高まっていました。

こちらがNATO加盟国のの地域地図なんですがロシアが包囲されつつあるのが見て取れると思います。加盟していないのはロシアに接する国は北欧とベラルーシウクライナぐらいのものです。

そのため欧州、ウクライナ双方ロシアを刺激しないよう現在もNATOに加盟せず微妙な距離感を保っています。

 

そんな状況の中でヤヌコービッチ政権でEURO連合との政治・貿易協定が見送られます。これに対しキエフ市内にて親西欧派による市民が蜂起し、ヤヌコービッチ大統領逃亡で事件は終結します。

これが2013年のユーロマイダン革命です。

 これまでの親西欧、親露の均衡が崩れることとなってしまいました。

クリミアの親ロシア派では動揺が走り、これに呼応する形でロシアの軍隊が議会占拠し現在もクリミアはロシアの占領状態です。

この流れで2014年ドネツクでも親ロシア派が分離独立を宣言します。   

ドネツク州はウクライナ全体の人口の10%を占め、古くから石炭、鉄工の生産が行われてきた経済の中心地であるため衝撃は大きかったことでしょう

ただ住民は普段通りの生活をしており、ウクライナ人としての帰属意識を持ち、境界を行き来しています。町も美しく是非訪れて見たいものです。

youtu.be

 

 

引用はこちらの本となります。

 


 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村:

ふるさと納税シュミレーション 住宅ローン減税併用

今回は、副業により収入が増えたこともあり住宅ローン減税と併用したふるさと納税を検討してみることにしてみました。私の場合ワンストップ控除が使えないため事情が少し複雑です。

 

まず現状の給与から予想して今年度の本業の給与収入は397万1788円です。こちらに関しては、12月のボーナスは含んでいません。

そして副業のバイト代を足します。現状ですと累積で21万3120円。あと4か月分で20万円ほどは積み上げれそうですが今回は8月時点でのバイト代で考えます。

合計で今年度の給与収入は418万4908円。

細かい計算は下にリンクを張りましたので私の令和2年度確定申告を参考にしていただければと思います。

bigfish-asset.hatenadiary.com


 

まずは、給与所得控除、基礎控除社会保険料控除、地震保険料控除、iDeCOによる控除で最終的な課税される所得金額は158.79884万円。所得税率が5%なので所得税は7万9399円です。住民税は15.67万円。

住宅ローン減税を考慮して、所得税は0円、住民税は15.67-158.79884×0.07=4万5541円

試しに12月のボーナスが30万円、残り4か月間のバイト代が20万円となった場合で計算すると所得税率が10%に跳ね上がることになります。住宅ローン減税があるためこの際、所得税額を20万円ほどにしてもよさそうです。

 

次はふるさと納税を考慮に入れた場合です。これは住宅ローン減税より先に控除されるものです。

まずはふるさと納税控除限度額の計算です。

私の場合は15.67×0.2/1-0.1-(0.05×1.021)+2000=3万8916円が限度額のようです。

 

f:id:BIGFISHasset:20210905142541p:plain

控除額の内訳はこちらです。

まず所得税

(3.8916-0.2)×0.05×1.021=1884円

住民税基本分

(3.8916-0.2)×0.1=3691円

住民税特例分

(3.8916-0.2)×(1-0.1-0.05×1.021)=3万1339円

f:id:BIGFISHasset:20210905143231p:plain

それでは住宅ローン減税と併用した場合の節税額を見てみましょう。

課税される所得金額が158.79884万円ですので、こちらからふるさと納税所得税分まず控除します。

所得税 (158.79884-3.6916)×0.05=7.7553万円

そしてここから住宅ローン控除分を控除します。現在3000万円も残債があるため所得税はゼロになります。所得税まではふるさと納税をしなくても同じですね。

問題は住民税です。

手順としてはまず住宅ローン減税分を控除します。

(158.79884-3.6916)×0.07=10.8575円

ですので住宅ローン減税後の住民税は15.67-10.8575=4万8125円。

ここから更に住民税基本分と特例分を控除し

住民税は

4.8125-(0.3691+3.1339)=1万3095円

ただ気を付けなければならないことがあります。

住宅ローン控除による住民税の控除限度額は13万円まででふるさと納税を合算したものも同じとなっています。私の場合2万1425円まで自己負担2000円でふるさと納税で控除できるということです。4.8125-2.67=2.1425円

 

 

結果

住宅ローン減税のみ

住民税 4万5541円

 

ふるさと納税を併用した場合

2万8700円分の買い物+住民税が2万1425円。

 

コストだけ見るとふるさと納税をしたことにより支出が4581円増えてますね。

なんか大人しく住民税4万5541円払った方が良いような気がしてきました。( ;∀;)

サイトを経由したポイントなどを利用しても微妙なところです。

まあ、コンビニ払いでしたら入金日が12/31までならば間に合うのでギリギリまで悩んでみようと思います。

 

 

マネー・ボール マイケル・ルイス著

今更ながらマイケル・ルイスマネー・ボールを読みました。

彼の著書フラッシュ・ボーイズからハマり著作を追いかけて読んでいます。

 

 

最近では、ウイルスやパンデミックに関連した新作を今年5月に出版されています。

原著で読む覚悟がないので、翻訳が待たれます。


 

内容としては、ブッシュ政権の頃から感染症対策に関するガイドラインが、つくられていたにも関わらず、対応がとられてこなかったことなど人災ともいえる面があったことが語っています。

 

 


 

 

 肝心のマネーボールについてですが、もう10年以上も前にブラッド・ピットが主演で映画化されているのでご存じの方も多いと思います。

メジャーリーグオークランド・アスレチックスのゼネラル・マネージャーであるビリー・ビーンを主役にしたノンフィクション小説です。

ニューヨーク・ヤンキースの年俸総額の1/3ながら、いかに毎年連続プレーオフ進出を果たす結果を上げてきたか語られます。

手法としては、セイバーメトリクスと呼ばれる野球の統計学的分析によりチームを作り上げていくというもの。

これまで評価されてきた盗塁、外見による評価の見直し、出塁率重視による再評価などです。

また投資を行うものとして面白かったのが、球団運営が投資として行われ分析されていることです。

統計分析により過小評価されている選手を安く買い、選手の市場価値をシーズン中に高め過大評価されている中で高く売る。

まるでファンダメンタル分析、バリュー投資だなと感じました。

事実本書の中で、ウォーレン・バフェットの言葉をビリー・ビーンが引用しています。

 


 

 

 

 

そして、セイバーメトリクスの活用はビリービーンの功績だが発案は彼ではないと紹介し、セイバーメトリクスの歴史も語られます。

元々、メジャーリーグの単なるファンが統計分析を用いて選手を再評価したのが始まりで、製薬会社の社員や宇宙工学者までが参加し、やがて会社になります。

解析した情報をメジャーリーグや野球ファンに売り込んだりするようにまでなり、ついには数千万ドルで大手メディアに買収されます。

ここまでセイバーメトリクスが発展した背景には、野球ファンの間で架空のチームを作り上げるシミュレーションゲームの愛好家が、かなり多数いたということがあります。

タモリ俱楽部に出てきそうな人たちですよね。私としては、オタクによるこういう狂った遊びが昔から大好きです。

 

本書では、メジャーリーグ財政問題の諮問委員会が、各球団での資金格差を議題に取り上げるなかで、アスレチックスの快進撃に対して興味を持つ場面があります。

この諮問委員会の委員になんとFRBの元議長であるボルカー議長がいます。

日本で白川日銀元総裁が、野球について議論しているのが想像できません。

 また金融派生商品の分析者が、野球選手の分析をするために球団に雇われ足りもしています。

改めてアメリカの雇用市場の流動性の高さを感じました。

こういった環境の中で、趣味から会社を興したり第二の人生を歩めるのがアメリカの力強さなのでしょうね。

私もFIRE後の人生を今からでも計画しようと思います。

 

駄文にお付き合い頂きありがとうございます。

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村:

 

 

[緊急]1000円を拾うチャンス! みんなの銀行

2021年9/30(木)までに"みんなの銀行"の口座を開設し、紹介コードを入力すると1000円がもらえます。福岡フィナンシャルグループという福岡の地銀が展開しているサービスのようです。

ここはしっかり拾っていきましょう❗️

f:id:BIGFISHasset:20210914133243j:image

 

【みんなの銀行】口座開設で1,000円プレゼント アプリをダウンロードし口座開設時に紹介コードを入力してください ダウンロード:https://app.adjust.com/1z17imp 紹介コード:gZKLIWnY ※金額は変更になる可能性があります。詳細や適用条件は口座開設時の注意事項をご覧ください

2021円8月度 資産公開 1382万円(前月度+42万円)

今回は、月末恒例の資産総額の確認を行いました。

私は友人と競っているので、毎月この時期になると集計を行い資産増加や支出などを報告しあっています。

下の写真は、マネーフォワードで集計した資産額と手持ち現金になります。

 

f:id:BIGFISHasset:20210829100610p:plainf:id:BIGFISHasset:20210829095619j:plain

 

 

8月度は前月度から+42万円、2.98%の成長で着地となりました。

給与が26万3393円、副業のアルバイトが6万4492円ですので給与収入が合計32万7885円となりました。

支出が13万円ほどですので、純粋な資産収入は、23万円ほどになりますね。

こうしてみると資産が学生アルバイト以上いや新卒以上に稼ぎ出していますね。

( *´艸`)

 

まあ減ることもありますので要注意です。特に今後、そのうち株価の下落を給与で穴埋めできなくなるので気を引き締めていきます。

 

今月から20万円をVYM(バンガード米国高配当ETF)に投資していますが300万円近くまで、現金が積みあがってしまいました。

現金300万円を20万円ずつ投資していく中でも、給与から毎月8万円現金が積み上がる状況です。これを計算式に直すと

単純計算で300万円÷(20-8)万円=25か月

2年以上で現金ポジションが解消されるペースなんです。

差しあたって現金を確保する必要もないので、9月、10月のアノマリーに従ってドカンと入金しようか、今後の積立額を40万円に増額し9か月で現金ポジションを解消しようかとも思案を重ねています。

 

神経をすり減らす元なのであまり個別に株価を調べないのですが、今月は米国高配当ETF(VYM)やジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)、アッヴィ(ABBV)などが上場最高値を更新しかなり興奮しました。

最近はアッヴィ(ABBV)は購入していませんが、平均90ドルで3年ほど前に購入していたので121ドルとは隔世の感です。
VYMも平均87.06ドルで購入していますが、今では107.94ドルとなってしまっております。

平均取得コストを確認した時、流石に驚きました。ある日の朝三桁になっているのを見返した記憶は覚えているのですが、ここまでとは、、、

 

今回は、1400万円に届きませんでしたが、あと4か月できれば1500万円に届けばと思っています。

今年度の目標は1150万円、その後1300万円、なおも目標を上方修正中。

今後とも応援よろしくお願いします。

 

 


 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村: